保健師はやかわイマイマBLOG

  1. 予防医学
  2. 97 view

コーヒーは1日何杯までOK?

50人未満の会社の健康支援をしている保健師の早川です。

みなさんは仕事中に、コーヒーやお茶を飲む習慣はありますか?

コーヒーやお茶というと、カフェイン量も気になりますね。

農林水産省のホームページでは、カフェインの摂り過ぎについてこんな注意喚起をしています。

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。

カフェインを摂り過ぎないように注意したいですね。

ちなみに100ml当たりのカフェイン量(目安)は、下表の通りです。

食品名 カフェイン濃度
(100 mlあたりの目安)
コーヒー 60 mg
紅茶 30 mg
せん茶 20 mg
ウーロン茶 20 mg
ほうじ茶 20 mg
玄米茶 10 mg

では、カフェインは1日、どのくらいまで摂って良いのでしょうか?

カフェインの体への影響は個人差があるため、日本では1日の許容量は設定されていませんが、カナダ等では健康な成人で1日400 mg以内と示されています。

健康に悪影響のない最大摂取量 機関名
健康な成人 400 mg /日 カナダ保健省
400 mg /日 欧州食品安全機関

例えば、コーヒーで換算すると1日に660ml以内なので、カップ2~3杯までといったところでしょうか?

カフェインの摂り過ぎに注意しながら、楽しいティータイム過ごしたいですね!

どうぞご自愛くださいませ。

【追伸】
弊社は、テイクアウトドリンクCaféこかげも併設しており、コーヒー豆の焙煎は私の担当です♪

みなさんは、焙煎前のコーヒー豆を見たことがありますか?

生豆(なままめ)はグレーに近い色です。

コーヒー豆には、カビや虫食いなどの豆が混ざっており、このような豆を欠点豆といいます。

欠点豆は胸やけや胃もたれの原因になるので、目視で確認し取り除いていきますが、この作業をハンドピッキングといいます。

ハンドピッキングは手作業なので手間がかかりますが、丁寧に欠点豆を取り除いてから焙煎すると、雑味のないスッキリとしたコーヒーになるんですよ。

保健師の仕事と同じくらい、コーヒーにもこだわっています(笑)。

ときどきコーヒーのお話も投稿させていただければ幸いです。

姉妹BLOGもよろしくお願いします

予防医学の最近記事

  1. 温かいものを食べてウイルスに負けない体に!

  2. 歯科受診がこわい⁈

  3. 秋バテにイミダペプチド

  4. コーヒーは1日何杯までOK?

  5. どうしてますか?! 女性従業員の体調不良

PAGE TOP